プリモノロン25mg

プリモノロン25mg の画像
骨粗鬆症や病気などが原因で起こる筋肉量の低下を改善する為の薬です。
筋肉量増加の薬ですが、特に脂肪分解の効果が高いためダイエット目的で服用されることが多いです。

※この商品は日本以外への発送は出来ません。

香港発送配送無料
到着予定日
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
プリモノロン25mg (150錠) [SG発送]
27,000
カートへ
カート下画像

プリモノロン25mg について

製品名: Primonolon
一般名: プリモノロン25mg
製造元: West-Coast Pharmaceutical Works Ltd.
薬効分類: アナボリックホルモン剤
日本名: プリモノロン25mg
内容量: 150錠 / 本
発送国: 香港発送
送料無料ePac便(国際eパケットライト)
発送完了から10-14日到着予定
関連商品: ハロフルオックス
アナドリン10mg

プリモノロン25mgの特徴

アナボリックステロイドの中のプリモノロンは骨粗鬆症や病気などが原因で起こる筋肉量の低下を改善する為の治療薬としても使用されています。

さらに、本剤は特に脂肪分解に影響を与えるためダイエット目的で服用する方もいます。
筋肉をつけるためにもカロリーを多くとる必要がありますが、カロリーを多くとってしまうと必然的に脂肪の量も増えてしまいます。
プリモノロンは脂肪分解に直接影響を与えるため、脂肪を分解して筋肉量だけを増やす効果があります。筋肉増の効果があるアナボリックステロイドと一緒に服用するとより効果が見られます。

プリモノロンは他のアナボリックステロイドより副作用が少ないとされています。
女性化乳房といって、女性ホルモンが増加することで胸が膨らんでくるという症状がありますが、プリモノロンは女性ホルモンに転換されないため、女性化乳房の症状は出ないとされています。
さらに、多くのアナボリックステロイドには化学加工された成分が含まれるため肝臓に負担を掛けることがありますが、プリモノロンはそのような成分がはいっていないため肝臓に負担をかけることがありません。これはアナボリックステロイドの中ではプリモノロンだけの特徴です。

プリモノロン25mgの成分

メテノロン酢酸エステル25mg

プリモノロン25mgの用法容量

1日75mg〜100mgを服用してください。
多く摂取したからといって効果が高まるわけではありませんので、決められた用法用量をお守りください。

プリモノロン25mgの副作用

副作用は少ないですが、脱毛の副作用が出る場合があります。
抜け毛が多くなった場合は育毛剤を使用しても改善されないため、プリモノロンの服用を中止してください。

プリモノロン25mgの注意事項

服用期間は8週間〜12週間となっており、それ以上の期間服用を続けると副作用のリスクが高まってしまうので注意が必要です。
アナボリックステロイドを服用することによって、体の中の男性ホルモンの濃度が高くなってしまうのですが、プリモノロンも同様です。
服用中に男性ホルモンの濃度が高くなることによって、元々自分の体が生成していた男性ホルモンを減少させて基準値に戻そうとしてしまいます。
その為、服用を辞めた際でも急に男性ホルモンの生成が増えるわけではないので、プリモノロンの服用期間が終わった際には、クロミッドなどを服用して男性ホルモンの生成を回復させてあげる必要があります。

<注意!>この医薬品 プリモノロン25mg は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

プリモノロン25mgの口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
お買い物カゴ
 
モバイルサイト
モバイルQRコード