ミカルディスジェネリック

ミカルディスジェネリック の画像
日本国内でも高血圧症の治療に用いられている医薬品です。
主に血管収縮作用の抑制効果があります。

※この商品は日本以外への発送は出来ません。

シンガポール発送配送無料
到着予定日
全品5%OFF
現在の支払い方法
先払いで10%OFF!
ミカルディスジェネリック20mg 1箱(50錠) [SG発送]
2,400 → 2,160
カートへ
ミカルディスジェネリック20mg 2箱(100錠) [SG発送]
3,400 → 3,060
カートへ
ミカルディスジェネリック40mg 1箱(50錠) [SG発送]
3,200 → 2,880
カートへ
ミカルディスジェネリック80mg 1箱(50錠) [SG発送]
4,000 → 3,600
カートへ
カート下画像

ミカルディスジェネリック について

製品名: Telesort-20/Telesort-40/Telesort-80
一般名: テルミサルタン
製造元: Consern Pharma Pvt. Ltd.
日本名: テルミサルタン
内容量: 50錠/箱
発送国: シンガポール発送
送料無料ePac便(国際eパケットライト)
発送完了から10-14日到着予定
関連商品: オルメテック錠(高血圧治療薬)20mg/40mg
ディオバン錠(降圧剤)
カルデュラ1mg / 2mg / 4mg (降圧剤)

ミカルディスジェネリックの特徴

ミカルディスジェネリックは、高血圧症の治療に使われる医薬品です。日本国内でも高血圧症の治療に用いられています。

高血圧症とは心臓から送り出された血液が動脈の内壁を圧迫しつづけているという状態です。
血管の壁は本来弾力性がありますが、高血圧状態が長く続くと血管はいつも張りつめた状態に置かれ、次第に厚く、しかも固くなります。
これが高血圧による動脈硬化で、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの原因となります。
改善する為には、運動や食事制限、降圧剤での治療が必要となります。

本剤の効果としては、主に血管収縮作用の抑制が挙げられます。
これは本剤に含まれているテレソートによるもので、体内の血管収縮を促進させてしまうアンジオテンシンUの活動を抑制できます。

ミカルディスジェネリックの成分

テルミサルタン

ミカルディスジェネリックの用法用量

1日の経口投与量を40mgに抑えた錠数を、毎日食後に服用してください(20mgタイプの場合は2錠、40mgタイプの場合は1錠)。
80mgタイプはピルカッター等で半分に錠剤を分けて服用するようにしましょう。
ただし年齢や症状により適宜増減しますが、1日最大投与量は80mgまでとしてください。
飲み忘れた場合は、その分も服用する必要がありますが、2回分を1回にしないように注意してください。

ミカルディスジェネリックの副作用

用法用量を守らないと、間質性肺炎や横紋筋融解症の副作用が発症する可能性があります。
特にアレルギー体質の方はアナフィラキシーショックの危険性もある為、服用する際には医師の新d難を交えて適切な量を使用してください。
糖尿病を発症している方の中で直接的レニン阻害薬を服用している方は、意図せぬ副作用が複数併発する可能性があるため注意が必要です。

ミカルディスジェネリックの注意事項

服用後、危険を伴う機械の運転はお控えください。
高血圧を体感することが無くなったからといって服用を中止しないでください。
症状のなかでも脳梗塞や脳血管障害といった症状は知らずに心不全を発生させる確率も高めているので、薬品の効果・特徴を理解した上で完治するまで服用する必要があります。
高カリウム血症の方は絶対に服用せず、必ず高血圧症の症状を治療する為だけに使用してください。
この他にも副作用として血管浮腫等の血管関連の疾患が発生する可能性もあり、素人判断でも服用は危険ですので、医師や薬剤師に判断してもらったうえで利用するのがおすすめです。

<注意!>この医薬品 ミカルディスジェネリック は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

ミカルディスジェネリックの口コミ

  ただ今の口コミ数:0
口コミを書く
お買い物カゴ
 
モバイルサイト
モバイルQRコード