品質100%保証バナー

感覚器官の薬

目薬

トブラデックス点眼液 (抗炎症薬)の画像
トブラデックス点眼液 (抗炎症薬)

目の炎症や腫れを鎮ます。

¥5,380

トブラデックス軟膏 (抗炎症薬)の画像
トブラデックス軟膏 (抗炎症薬)

目の炎症や鎮ます。

¥4,780

Vislube 0.18%の画像
Vislube 0.18%

目の荒れを治す目薬で、ドライアイなどで、角膜や結膜が傷ついているときによく用います。

¥4,830

IF2点眼液の画像
IF2点眼液

アレルギー性結膜炎、目のかゆみ、充血、涙目の症状を改善する点眼薬です。

¥2,640

フラレックスの画像
フラレックス

フラレックスはステロイドの目薬で、炎症を抑える強力な作用を持ったアレルギー薬です。

¥2,770

ティアーズナチュラルフリーの画像
ティアーズナチュラルフリー

防腐剤フリーで成分は人工涙液のドライアイ用目薬です。

¥4,180

システインウルトラの画像
システインウルトラ

ドライアイ用目薬です。ドライアイや炎症による眼の不快感の解消に!

¥3,840

トブレックス点眼液の画像
トブレックス点眼液

細菌を殺菌する目薬です。結膜炎、角膜炎等の治療に用いられます。

¥3,180

フシタルミック1%点眼薬5gの画像
フシタルミック1%点眼薬5g

フシタルミック1%点眼薬は、ものもらいや、目の炎症など結膜炎(赤くてかゆい目)を含む眼感染症などの細菌感染症の治療などに使用されます

¥2,940

エマジン点眼薬0.05\%の画像
エマジン点眼薬0.05\%

エマジン点眼薬は、目のかゆみや充血といったアレルギー症状を抑えるアレルギー薬です。

¥3,360

マイオウプド点眼液の画像
マイオウプド点眼液

目の屈折検査のほか、弱視や虹彩炎の治療にも使う、瞳を開く目薬です。

¥2,900

オカシン点眼液<br>(抗菌目薬)の画像
オカシン点眼液
(抗菌目薬)

細菌感染による結膜炎、麦粒腫(ものもらい)、眼瞼炎、角膜炎などの治療

取扱終了

スパサラー点眼液 (充血 目薬)の画像
スパサラー点眼液 (充血 目薬)

更年期や閉経期に。ポンプを1回フルに押すと約0.75mgの天然エストリオールを提供します

取扱終了

ボルタレン点眼液の画像
ボルタレン点眼液

炎症を引き起こすプロスタグランジン(PG)という物質の生合成を抑制する作用があります。

取扱終了

ゾビラックス眼軟膏の画像
ゾビラックス眼軟膏

ヘルペスウイルスが引き起こす角膜の炎症の治療に用いる薬です。

取扱終了

ラティッセ/ラティース<br>(まつげ育毛・増毛剤)の画像
ラティッセ/ラティース
(まつげ育毛・増毛剤)

まぶたに塗布することでまつげを濃く長くする薬で、米食品医薬品局(FDA)認可の医薬品です

取扱終了

パタノール点眼液の画像
パタノール点眼液

副作用の心配はほとんどなく、長期の使用も安心な点眼薬です。

取扱終了

ジガット点眼液3mgの画像
ジガット点眼液3mg

麦粒腫(ものもらい)、結膜炎などの眼感染症治療に用いられる点眼薬。

取扱終了

ベガモックス点眼液の画像
ベガモックス点眼液

ベガモックスは細菌を殺菌する点眼薬です。ニューキノロン系の抗菌点眼剤です。

取扱終了

シロキサン点眼液の画像
シロキサン点眼液

細菌を殺菌する点眼薬です。ニューキノロン系の抗菌点眼剤です。

取扱終了

リフレッシュ・ラクリューブ ルブリカントの画像
リフレッシュ・ラクリューブ ルブリカント

ドライアイや炎症を起こした目のためのお薬です。

取扱終了

ザジテン点眼液の画像
ザジテン点眼液

アレルギーによる目の痒み、充血、なみだ目などの治療に。

取扱終了

クリアリン目薬の画像
クリアリン目薬

目の充血やかゆみなどの症状を緩和するほか、目に潤いを与えて輝くような白目を長時間キープします。

取扱終了

ガチブル点眼液0.3%5mlの画像
ガチブル点眼液0.3%5ml

ものもらいや、目の炎症、手術後の細菌の殺菌など幅広く用いられます。

取扱終了

医薬品以外の疲れ目等の商品はコチラ

耳の薬

カンディッド点耳薬の画像
カンディッド点耳薬

クロトリマゾールが成分の点耳薬です。カーネステン・エンペシドのジェネリックです。

品切れ中

鼻の薬

フルナーゼ点鼻液の画像
フルナーゼ点鼻液

アレルギー性鼻炎や血管運動性鼻炎など鼻の炎症に強力に作用するステロイド剤です。

¥6,370

ベコナーゼの画像
ベコナーゼ

ステロイド(副腎皮質ホルモン)が配合されている点鼻薬です。

¥3,150

リノコートアクアの画像
リノコートアクア

アレルギー性鼻炎から季節性の鼻炎まで対応する点鼻スプレーです。6歳以上のお子様から使用できます。

¥3,890

ナゾネックス点鼻液の画像
ナゾネックス点鼻液

アレルギー性鼻炎や血管運動性鼻炎の消炎効果があります。

¥4,380

クレブロスの画像
クレブロス

クレブロスは抗ヒスタミン剤、ザイザルのジェネリック薬です。

¥3,150

アフリン点鼻薬の画像
アフリン点鼻薬

鼻づまりや充血のひどいときに用います。鼻や目の充血をとるお薬です。

¥3,080

コルドリンの画像
コルドリン

非麻薬性の中枢性鎮咳薬です。急性気管支炎、急性上気道炎のセキの治療に用います。

品切れ中

ナソベックアキュアスの画像
ナソベックアキュアス

スプレータイプのアレルギー薬のため、鼻の粘膜に直接作用するため、副作用が抑えられています。

取扱終了

まつ毛の育毛剤

まつ毛用アプリケーターの画像
まつ毛用アプリケーター

ラティッセや、ルミガンならびにケアプロストのための「まつ毛用アプリケーター」です。

¥2,210

ケアプロスト点眼液(ルミガンのジェネリック)の画像
ケアプロスト点眼液(ルミガンのジェネリック)

緑内障治療。高眼圧症治療。まつげ育毛・増毛(副作用)。

¥3,500

ビマトアイドロップス (ルミガンのジェネリック)の画像
ビマトアイドロップス (ルミガンのジェネリック)

まつ毛の育毛剤のルミガン、ラティッセと同成分のビマトプロストを0.03%含有する点眼液。

¥2,940

ケアプロストプラス(ルミガンのジェネリック)の画像
ケアプロストプラス(ルミガンのジェネリック)

ルミガンと同じ有効成分を持つ、サンファーマ社製のジェネリック医薬品。

¥2,980

ルミガン点眼液(まつげ育毛・増毛剤)の画像
ルミガン点眼液(まつげ育毛・増毛剤)

40カ国以上で利用されている実績のある商品です。副作用でまつ毛の育毛効果が生じたため、まつ毛育毛剤ラティッセの開発のもとになりました。
※ご注文時期によって異なるパッケージでの発送となる場合がございます。

¥3,990

緑内障・高眼圧症

ルミガン点眼液(まつげ育毛・増毛剤)の画像
ルミガン点眼液(まつげ育毛・増毛剤)

40カ国以上で利用されている実績のある商品です。副作用でまつ毛の育毛効果が生じたため、まつ毛育毛剤ラティッセの開発のもとになりました。
※ご注文時期によって異なるパッケージでの発送となる場合がございます。

¥3,990

ケアプロスト点眼液(ルミガンのジェネリック)の画像
ケアプロスト点眼液(ルミガンのジェネリック)

緑内障治療。高眼圧症治療。まつげ育毛・増毛(副作用)。

¥3,500

ビマトアイドロップス (ルミガンのジェネリック)の画像
ビマトアイドロップス (ルミガンのジェネリック)

まつ毛の育毛剤のルミガン、ラティッセと同成分のビマトプロストを0.03%含有する点眼液。

¥2,940

キサラタン点眼液の画像
キサラタン点眼液

強力かつ安定した眼圧下降作用を示します。加えてまつ毛の育毛・増毛効果もあります。

¥7,260

コソプト配合点眼液の画像
コソプト配合点眼液

緑内障・高眼圧症治療のための配合点眼液として、世界で最も多く使用されています。

¥7,620

Isopto Carpineの画像
Isopto Carpine

眼圧を上昇させる房水の流出口を拡大することで、優れた眼圧低下作用を発揮します

¥2,990

トラバタンズ点眼液の画像
トラバタンズ点眼液

眼圧を下げる目薬です。緑内障治療、高眼圧治療に使用します。

¥7,680

エイゾプト点眼液の画像
エイゾプト点眼液

眼圧を下げる目薬です。緑内障治療、高眼圧治療に使用します。

¥3,780

アルファガンP点眼液の画像
アルファガンP点眼液

眼圧を下げる目薬です。緑内障治療、高眼圧治療に使用します。

¥4,690

ケアプロストプラス(ルミガンのジェネリック)の画像
ケアプロストプラス(ルミガンのジェネリック)

ルミガンと同じ有効成分を持つ、サンファーマ社製のジェネリック医薬品。

¥2,980

ベタガン 点眼液の画像
ベタガン 点眼液

眼圧を下げる目薬です。緑内障治療、高眼圧治療に使用します。

取扱終了

白内障

カリーユニ点眼液の画像
カリーユニ点眼液

カリーユニ点眼液は水晶体を曇らせる蛋白変性を抑え、白内障の進行を遅らせます。

¥4,690

シーナック(C-NAC)の画像
シーナック(C-NAC)

シーナックは水晶体を曇らせる蛋白変性を抑え、白内障の進行を遅らせます。

¥4,060

緑内障の症状・治療

緑内障の症状についてですが、眼には正常な機能を保つ事が出来るという「適正な眼圧」というものがあります。
しかし何らかの要因で適正以上の眼圧がかかる場合があります。
そうすると視神経に障害が起きて、視野が欠けてくるといった症状が出てきます。
ただし、眼圧が適正であっても緑内障にかかる場合もあるので注意が必要です。

一度障害を受けてしまった視神経は再生する事がなく、ひどくなると失明の危険もある怖い病気として知られています。
日本では40歳以上の人の17人に1人程度がかかるという身近な病気なので、40歳前後を一つの基準として緑内障の検査を受ける事をおすすめします。

次に治療方法についてですが、緑内障の治療のポイントは上がってしまった眼圧を適正な範囲まで下げる事にあります。
初期の段階では目薬を使った治療が行われる場合が多いです。
目薬を毎日決められた用量用法で使う事で眼圧を下げます。
しかし症状が重い場合には、目薬による治療では期待する効果が得られない事もあります。
そういった場合には手術やレーザー治療といった方法がとられます。

緑内障の治療は早期発見・早期治療が大切なのですが、初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、症状を自覚してから受診すると症状がひどくなっている場合も少なくないです。
そのため40歳前後くらいからは、一年に一度の定期的な検査を受けるようにする事をおすすめします。
ページトップへ